会社がダメージを受けないために

警備員ガードマン

飲酒運転での大きな事故がいろいろと起こったことにより、アルコールが体内に残ったままでの運転は厳しく罰せられるようになりました。もちろん、罰せられるだけではなく、社会的な信用も落ちるので、個人で事故を起こしてしまうと大変な目に遭ってしまいます。そして、運転が必要なビジネスをやっていて業務中に事故を起こしたのなら、個人が起こしたのとは比較にならないくらい信用が落ちます。会社に落ち度はなく、個人がプライベートな時間に飲酒をしたとしても、倒産するほどの大打撃を受けてしまう可能性もあるのです。そのような自体になることを避けたいのなら、アルコール検知器を会社に導入することを真剣に検討しましょう。飲酒運転になるような濃度のアルコールが身体に残っていたのなら、しっかりと検知をしてくれます。個人のプライベートを信頼するのも大事ですが、社員すべてのことを考えるのならアルコール検知器は必須です。

安物はそれなりの性能

酔っ払った人

アルコール検知器を導入するときに一番やってはいけないのは、大手のショッピングサイトで販売されているようなとても安価なものを購入することです。数千円で売られている製品もありますが、とてもおすすめできるとはいえません。社員全員の生活がかかっているかもしれないのに、数千円で購入できる製品を選ぶのは間違っているといっても過言ではないでしょう。安いということはコストカットがされているため、本当にアルコールを検知してくれるのかも分からないからです。たくさんお酒を飲んでいれば検知するのでしょうが、ギリギリ飲酒運転になってしまうところの判定をするのは難しいでしょう。現在では、業務用としてアルコール検知器が売られているので、そちらを購入して、運転をする前に利用することをおすすめします。もし、業務用を購入するのなら、アルコール検知器を販売するメーカーのホームページに目を通したほうがよいでしょう。どのような性能でどのくらい正確なのかをきちんと説明してくれているため、信頼して飲酒運転の予防に利用できます。なお、会社にアルコール検知器を導入するならば、データが保存できて社員の管理ができる機能がついている製品のほうが便利です。わざわざメモをとらなくても、機器が記憶してくれるので、データを見返せば指導すべき社員がすぐに分かります。パソコンと連携できるアルコール検知器も売られているため、社員が多い場合もしっかりと管理ができます。