HOME>特集>誰でも簡単に使えて正しい数値を出してくれる

増えている導入企業

ここ数年で大きな話題のなったのが、パイロットの飲酒問題です。たくさんの乗客の命を預かるパイロットがこれでは、安心して移動することが出来ません。もちろん、同じことが電車やバスでも言えるのではないでしょうか。従業員個々の安全意識に任せる時代は終わり、企業が一括に管理する時代がやって来ていると言えます。そこで活躍するのが、アルコール検知器ではないでしょうか。僅かな息を吹きかけるだけで、詳しい数値を知ることが出来ます。値段もリーズナブルですし、既にタクシー会社では導入が進んでいます。深酒が減る効果が報告されています。

二日酔い防止に

自分のお酒の適量は、案外自分では気付けないと言われています。遅くまでお酒を飲んでしまい、これ位ならとハンドルを握ってしまうと大事故に繋がってしまいます。セルフチェックには限界がありますが、アルコール検知器があれば安心です。飲み過ぎた翌日に計測を試みて、反応があれば公共の交通機関を利用して下さい。仕事で車に乗る方は多いですし、職場を出る前には必ずアルコール検知器に息を吹きかけるべきです。そこまで徹底することで初めて、自らの信頼と大切な家族を守れるのではないでしょうか。